*

不動産投資についての失敗談って大切?

「安物買いの銭失い」という言葉がありますよね。安いものを選んで購入するのは当たり前のことですが、なんでも安ければ良いというものではありません。例えば、市場の中での相場よりもかなり安いというケースでは、それなりの理由があったりします。そういったリスクの部分までしっかりとリサーチをしていかないと、購入したことを後悔することになります。

 

不動産投資についての失敗談

 

不動産投資においての失敗談の中に、実際に安い中古マンションを購入して失敗したなど、該当するようなケースが多くあります。投資となると投資金額が少なくて、投資に対するバックが大きいのがベストですよね。となると、物件の購入金額は安いに越したことはありません。しかし、入居者がいない、購入後のランニングコストがかかる、など安いのには理由がある、というケースも少なくありません。まずは、なぜその物件が安いのかを正確に把握することが重要です。

 

不動産投資会社に確認する、ということは皆さん行っていると思いますが、都合の悪いことは言わない、というのは普通にありえることです。となると、自分自身で様々な情報をもとに判断していかなくてはいけません。その材料として上記のようなサイトは重宝すると思います。



コメントする